風俗嬢とホストの関係

男性がキャバクラ嬢や風俗嬢に入れ込んでしまい、相当な金額を貢ぐということは決して珍しい話でもないような気がします。
では、逆に女性が男性に貢ぐというケースで真っ先に頭に浮かぶのが、風俗嬢がホストに貢ぐというものではないでしょうか。
実際にそういったドキュメンタリー番組も少なくはありませんので、誰しもが一度はそういった光景を目にしたことがあるのではないかと思われます。
こういったように、風俗嬢がホストにたくさんの金額を貢ぐという行為は、ホストクラブで遊んだことのない女性にとっては気持ちが全く理解できないことでもあります。
一晩に何十万円、何百万円と使って何が楽しいのか理解に苦しむ人もいるでしょう。
ホストクラブで遊びまくる風俗嬢の考えというのは、一日働いて4万円程度の金額を手にする、そしてホストクラブで全額を使って楽しい時間を過ごし、その日に使ったお金はまた次の日にでも稼げばいいというような考えのスパイラルでもあるのです。

よくドラマや漫画などに登場するホストにハマる女性像なのですが、今も昔も根強く存在していますし、もちろん最終的には本人の問題ですので、本人が楽しければ全てOKといわれればOKなのです。
ですが、場合によっては本人の意思でホストにお金を使うわけではなく、仕方なくや嫌々といった形で貢ぐ女性も残念ながら存在してきます。
こういったことは色々なドラマや漫画などで描かれていることですので、イメージするのは決して難しくないことでしょう。
たとえば、ホストクラブで一度遊んで接客してくれたホストを気に入ってしまい、その気に入ったホストにまた来てほしいとしつこくお願いされるというケースが一番に挙げられてきます。
お金が苦しいのは十分わかっているのに、仕方なくまたお店に遊びに行ってしまうという女性はたくさん存在しているのです。

次に、ホストからノルマを達成できないという理由から助けを求められ、あなたしか頼る女性がいないなどというような言葉でついついお店に行ってしまうという女性もいます。
真偽はさておき、悪質な場合は病気の親のためにお金が必要というようなことを言われたりもするそうです。
お願いされたり、せがまれたり、会話の流れの中で上手くまたお店に行くことになったりと色々なパターンはありますが、共通しているのは結局のところ本人の自発的な意思ではないということなのです。

こういったことは母性本能を持つ女性を上手く利用したパターンのように思われます。
「あなたしかいない」、「お店の罰金がある」、「お客さんがいないと実家への仕送りができない」などのように理由は考えればたくさんありますが、仕方なくお店に行ってしまう女性はお願いされる理由よりも、そのホスト自身を助けてあげたいという心理の方が強いのかもしれません。

Copyright © 2014 ホストに貢いでしまう風俗嬢の特徴 All Rights Reserved.